68be4f7c.jpg


旅行記にも書いたが、私は今回一度だけ、ハイウェイで警察に止められた。原因はレーンチェンジ時にウインカーを出してなかったからです。実はその時、ミズーリ川を横断するときで、写真を撮ろうとしていたから、ふらふら運転していたので、それが怪しいとおもったのかもしれない。

パトカーが見えて、あ、やべー。と思って別に速度はオーバーしてなかったけど、異常に速度を落としていたら、パトカーが追いかけてきて、後ろについてきてあーこれ来たな。と思ってぴかっと光って、ものすごい音がして、路肩にすぐ寄せて、パーキングに入れ、何かで読んだ通り、ハンドルから手を離さずに待っていた。バックミラー越しに降りてきた警官は、手がホルスターにかかっている。アー怖い・・。よく映画でみるあの光景だ。

手はハンドルに置いたまま、うなだれていたら、 これもドラマでよくあるように、窓越しにオフィサーがのぞき込んできて(日本も一緒かw)。私はハローとかいって、向こうはこちらがカリフォルニアナンバーであることや、アジア人であることから、旅行者とわかったらしく、ドライバーズライセンスと、レンタルアグリメント(レンタカー借りたときの書類)出して、って言ってきたんだけど、どぎまぎしながら、オロオロして、免許はすぐ出したけど、レンタルアグリメントってなんだっけ???ってなって、グローブボックス開けようと思ったけど、銃を取ろうとしていると勘違いされて撃たれたら、かなわないし、だけど、グローブボックスの中にはそんな書類いれてないの覚えていてから、あ、後ろかな??と思って、わざとつたない英語で「後ろかもしれないから、後ろあけてもいいかな?」と言ったら、割と丁寧に、どうぞ。というので、トランクあけて、スーツケースの中にそれはあった。

結局、ウインカーだしてなかったから、注意してね。で返してもらったんだけど、いやぁ焦ったw。なんかトランクの中に死体とか入ってたらどうしようか、と思った。
Powered by amaprop.net