13



昨日、ロスに着いたのが嘘のように、もうあれこれ忙しく過ごしている。昨晩ウォルマートから帰ってから、数時間寝たら、もう目が覚めて早く出発したくなった。ロスからベガスまでの大変さでこの旅のあらゆる目安ができると思ったのだ。



6f3a61e93e384099858f029dee97f69e
車のデジタル系の操作方法を色々分析中。



b12611bf3a5047989f8f0b1fe7b5a491

空が白み始めてすぐに荷物をトランクに詰めて、6時半にはモーテルをチェックアウトしていた。それから、今回旅の大きな友となる、ナビアプリの目標地点をベガスのサーカスサーカスというホテルにセットして、早速車を走らせた。

IMG_1643
sygicというナビアプリだ。このアプリをチョイスして大正解だった。詳細はナビアプリについてを参照。



まず驚いたのは、この早朝なのにすでに道が混んでいること。みな出勤中なのだろうか。都市に住む辛さがわかる。東京もロスも大変だ。



昨晩少し練習したフリーウェイに乗る。ナビはレーンチェンジまで教えてくれる優秀なやつだ。これは使える。そう思って油断してたら、後方右側をきちんと確認してなくて、後続車とあわや接触しかけた。これは完全に不注意だ。これ以降右のミラーをキチンとみるようになった。

この日、事故は3つ見たので、この辺りではしょっちゅう事故がおきてるんだと思う。
ロスの渋滞は1時間くらい続いただろうか、そこからやっと、ロスを抜けて左右砂漠に囲まれたまっすぐな道が登場してフリーウェイらしく、高速で走れると思ったが、みんな行儀よく130キロくらいしか出さない。それほど、パトロールが厳しいのか。とりあえず、クライスラー300Cの威力はあまり出せず、ただ、日差しの厳しくなる中、砂漠を走っていた。

IMG_1644

じわじわとアメリカをドライブしているという高揚感がわいてきた。ただ、まだこれから一体どうなるのだろう。という不安も混じっている。本当にこのスケジュールをこなせるのであろうか。色々不安だらけだ。

c0e06a420bc8404da56440fd2a2016b7
 
 

暇な人は、LAからベガスへ行く風景を見てほしい。ちなみに、途中で映るノリノリな男は金正男ではない。
 


横断をしなくて、LAからベガスへ行くだけで、かなりドラマチックな風景を楽しめる。今こうして見直していても、この後なぜもっと動画を撮らなかったかというのが悔やまれる。まぁ半分は音楽がいいのもあるが・・。(music:infected mushroom)

 
ガス欠に気をつけろとくどいほど言われたり読んだりしてたので、三分の1くらいなくなったところで、ベイカーという街でレギュラー満タンに入れたら30ドルだった。ということは毎日大体30ドルと考えて、この旅では10万円くらいになりそうだ。(実際は6万円しかかからなかった。ネバダ州が高すぎるだけなのだ。)

 

IMG_1649


ロスから走らせて、はじめて車を止めた。ちゃんとガソリンを入れられるだろうか?





IMG_1647 
ガイドブックで読んだ通り、日本から持参したカードは、ガススタの機械だとカードを読んでくれない。なので、レジにいって、先払いで注文しなければいけない。この辺は英語がままらない人が沢山くるんだろう。難なくできた。


IMG_1648
この車はタンクのふたを開ける必要がなく、ただ突っ込めばいいだけだった。

IMG_1657
ガロン3.4ドルは後から考えると高い。



氷もそこで買い、昨日買ったクーラに入れて車の中に冷蔵庫ができた。


IMG_1667

天気がいいので、愛車をパチリ。うーん身に余るいい車。(クライスラー300C)


e8776a49a9814891b344f03c822fc8ea
この辺はナラティブクリップで撮った画像。まだこの時は、iphoneの固定方法が確立されてなかった。




ベガスはそこから1時間半ほどで見えてきたが、街はすぐそこなのに、渋滞にはまった。はやくシャワー浴びてベッドに横になりたいと思いながら、ハンドルを握る。車移動で渋滞というのはマジで疲れる。眠くなるのだ。そして休もうにも休めない。まだ時差ボケが治ってないので、この時かなりつらかった。




やっと着いたホテル。

IMG_0247

サーカスサーカスというホテル。多分ベガスで一番安いカジノホテル。しばらく駐車場の位置がわからず苦労した。
a6558b92a1804da092799f097f7b5ca6


e13b0287cf814bdb9e3ea60e7513a231
なんかすごい遠い駐車場に停めてしまって、フロントまでナビ見ながら歩いた。

5f39192baba54af2a7906a11010cb5d4
サーカスサーカスのフロントは結構並んでたが、受付も多かった。部屋を12ドルでアップグレードしないか?といわれて、もともと2500円の部屋なので、じゃお願いします。と言ったら、見晴らし悪い方の32階を用意してくれた。そういうものだろう。

790f7484dab3459a9027dd2940d28bcb
立派なエレベーター。

IMG_0245
立派な部屋だ。一人旅でこのベッド2台はいらないが、シングルの部屋というのは、基本アメリカにはないようだ。

IMG_0241
しかし、部屋が安いのは助かった。私の場合ミスして、1日キャンセルしたので、実はもう一泊分ひきおとされているが、それでも合計5000円程度だ。

IMG_0243
部屋からの眺めは全然よくない。安いので文句は言うまい。見えるのは開発中のエリアだろうか。 


4b2edeca661a42c9bfea9057c9efbb48
カジノもちらっと見学に行ったが、あまり興味が持てない。実は昔、東京で私はカジノ(違法の)のディーラーを8年くらいやっていたので、もっと華麗にカードさばけるなー。なんて思った程度だ。私はかなり器用なディーラーだった。


シャワーを浴び、一息ついてこれからどうするかと思った。正直ベガスは、観光で来たわけではなく、明日グランドキャニオンに行くための中継地点なので後で、観光はせずに、旅に必要なものを買いに出ようかと思った。

 

まずは、REIというアウトドアショップに向かった。
IMG_1669
ソフトバンクの携帯は自動的にアメリカで使える。sprintというキャリアを使うのだ。ただし、sprintこの先あまりまともに使えない。softbankのアメリカ放題だけで、旅行を考えている人は要注意だ。


aa123634412c446aa7b2ceb5c1a506c6

7572e1d23e044ae4b047fafbf4d4686e
ナラティブで色んなものが撮れているよい例。この店でこんなに金つかったのか・・・REIは基本的に安くない。


REIで買いたいものとは長ズボンだ。店員がやたらと親切だなーと思ったら要注意。20ドルでメンバーズカードに登録させられた。二度といかない店なのに・・・





IMG_1673
reiの横のちょっとヘルシーそうな店で遅めの昼食


IMG_1672
フレッシュジュースとパンのお店。


IMG_1670 
何かサイドメニューを付けますか?と言われて、よく意味がわからずに、適当に応えたら、サンドイッチにパンがついてきた。結果持って帰って食べたらすごくおいしかった。 
 

IMG_1674


REIからの帰りは、正直かなりぐったりきていた。6時間に及ぶドライブ。なれない車、道路。それから強い日差し、時差ボケ。それらが一気に襲ってきた。もうろうとしながらベッドに倒れこみ、この旅で最も大切なことを悟った。
 

この旅の課題はいかに体力を温存して、大陸横断を完遂させることにある。1日しか泊まらない街においては観光を楽しむといった余裕はない。運転の疲れを癒やし、明日に備えるのだ。疲れは集中力を落とし、事故に繋がる。酒など飲んで羽目を外すと、風邪をひき、予定が大幅に狂う。そのたびに大金を失う。これは遊びではない。まるでラリーだ。



IMG_1677
綺麗な夜景を撮るために、まどの端っこのほうに伸びて撮ってる。本当のベガスの夜景は、たぶんもっときれい。



IMG_1675
洗濯物の干し方には、毎回工夫が必要になってくる。


明日はグランドキャニオンだ。もう寝よう。


Powered by amaprop.net