IMG_1928





IMG_2295
全米2位の治安悪いセントルイスは、特に何もなかった・・。

IMG_2294
セントルイスのモーテルを朝8時半に出た。ひさしぶりにモーテルの朝食をたべた。普段朝はコーヒーなどカフェインは飲まないのだが、飲んだら運転が楽かなと思って、飲んだ。そのせいでこのあと何度もトイレにいくはめに。


0ff2a571.png

さて、今日はシカゴへの490キロの道なのだが、途中でルート66が出現するポイントがあるということでやや迂回するので、500キロくらいの移動距離になりそうだ。


IMG_2296
レストエリアで大型車が止めるところに間違って止めてしまった。ぽつーん。

06
ついでに、いろんなゴミを捨てた。捨てる勇気が人を前進させる。


道路脇の標識をみていたら、ルート66の標識を見つけたので高速を降りた。
01
退屈な高速を進んでいると

02
たまにこういった茶色い標識がある。これはちがうが、ルート66にいくなら何番出口。という風に書いてある。


IMG_1915
明らかに遠回りだが、何かあると思って進んでしまう。

03
ルート66には何かあるはず。と思うが、意外と何もない。

04
ただの田舎道だ。

IMG_1911
こういう凸凹な道もある。

IMG_1913
結論としてルート66をめぐる旅は自分には向いていない。それほど感動もしなかった。しかもシカゴの終点を拝む前に、尿意をもよおして、謎の店名がついてないスーパーのトイレでいたしていたら、ポケットに入れていたメイン機のiPhoneを落として、画面が割れた。

IMG_2299
店名が書いてないスーパー。あとでターゲットという店だとわかった。

IMG_1916
今まで何台もiPhoneを買い続けてきたが画面を割ったのはじめてだ。悲しい。


08
気を取り直して、シカゴへ。

ルート66の終点イコールめっちゃ街の真ん中で、もうそれはすごいビルのど真ん中までドライブしたのだが、渋滞とか割り込みとか激しくて、ものすごい精神力を消費する。
07
おー見えてきた。

09
今までにない感じの古い街並み。建物に趣がある。

10
ずーっと田舎だったので、この都会感は圧巻だった。しかし、すばらしいビル群であった。東京のそれとはまた違う。格調が高い感じがする。



13
都会は基本、路駐である。

IMG_2300
2ブロック離れたところに止めた。

IMG_1917
ここが、シカゴ3日間の宿か。ぼろっちいな。

IMG_1919
古い建物だ。


airnbnbの宿の近辺まで来たので、ホストに連絡したら、何時に着く?と5時間前に連絡があっていた。返事しなかったので、まずかったかな?と思った。「とりあえず家の前にいます。」といったら開けてくれて、最初カンザスシティのあのすばらしい部屋と比べたら、だいぶ落ちるな・・高いのに・・と思ったがそれは、都会だからしょうがないと思った。都会のねずみという話を思い出した。

14
宿に荷物を置いて、ランチを食べに近くを歩く。

15
都心から車で20分くらいのエリアだ。東京だと下北あたりだろうか。

IMG_2302
まぁ結構いいところである。
IMG_2308
オシャレなピザ屋があった。

今日はこの宿の近くの柔術道場に出稽古に行こうと思っていたので、さっそく下見にしに行こうと思ったら、意外と遠くて、後から行くときは車でいこうと思った。その帰りにサブウェイでサンドイッチを食べた。
IMG_2305
柔術道場を見ると、ムネアツだ。

17
ランチは2時間後くらいに練習なので、軽めで済まそうと思いサブウェイをチョイス。
IMG_2309
サブウェイは、メテオ・クレーター以来だ。日本と一緒で日替わりのやつが3ドルくらいで安かった。
IMG_2310
飲み物で、炭酸とかはまず飲まない。

宿に戻り明日以降の予定をたてようかと思ったが、シカゴという街はみるべきところが多すぎるので、これはもう絞らなければいけないな。と判断した。とりあえず街はしっかり見ておきたいので、明日は街を散策。体力があれば美術館とクラブ遊び。明後日は、宿のそばのレコード屋を見たり、おいしいものを食べてゆっくりしたりにあてようかと思う。まぁ予定は未定でもあるのだが。

19

そうして、時間がきたので道場に行こうと思ったらが、夜19時のクラスで、道場に18時半にいったのだが、どこに車を止めていいのかわからない。ちょっと失敗したな~と思ったのが、この時間帯はみんな帰宅したりするので、車をとめるところが極端に減るのである。さっきはいろいろ空きがあったのになーと思った。その辺にいた、家の入り口でワインを飲んでいるお姉さんに、ここは車を止めてもいいところなんですか?ときいたら、あそこならあいてるよ。と教えてくれた。実は、私は女性には気軽に声をかけられるのである。女性はすごい丁寧に色々教えてくれる。男は質問自体を理解しないことが多い。そして無事車をとめて道場に行った。

18
ブラジリアン柔術を知らない人のために簡単に説明すると、柔道の寝技だけやるようなスポーツだ。近年UFCという総合格闘技の流行により、アメリカでも爆発的にその道場ができている。日本でもジワジワ増えてきている。私は、33歳で初めて、今6年もやっている。健康維持に大いに役立っているし、大人の部活というソーシャルな側面でも私は気に入っている。また、私が通っているトライフォース新宿という道場は、場所柄、海外からの出げいこに来る人が多く、いつも、なるだけ旅行のいい思い出を残してもらおうと私も務めている。当然私もそういう扱いを受けたいと思っていた。


IMG_1928
結果、道場の人たちはものすごいフレンドリーで、自分が旅行中だとわかっているので、非常にやさしく対応してくれた。ひさびさの練習、はじめての海外道場、その他もろもろで驚くほどすぐ息切れした。しかし、いい汗はかけた。明日も練習したいと思ったが、それで疲れたら明日何もできないと思ったのでそれはやめた。でも海外で柔術をするという一つの目標が達成された。本当に行ってよかった。



それから、宿に戻ったのだが、案の定路駐スペースがまったくない。うろうろすること1時間。でやっと見つけた。それから宿の人としばし話をしながら、これを書いている。もうすぐ寝る。


IMG_1941
ホストの人。結婚式の写真家をやってる。
IMG_1940
家にいた犬。

IMG_1943
あまり居心地がいいとは言えない部屋。


明日はシカゴ観光だ。



超長いけれど、今日あったこと。

Powered by amaprop.net