IMG_6004
デンバー2日目(正確にはオーロラという街)は朝5時からウォルマートに買い出し。時差ボケが治らないので、早く起きてしまうのです。

購入したのは、ナカマちゃん用の寝袋、クーラーボックス、キャンプ椅子、コンロ、鍋、水、といったキャンプに必要な道具ばかりです。

IMG_6006


IMG_6009
水は相変わらず安い。


IMG_6008
8ドルで買える靴。靴は毎日履いてると、かなり臭くなって嫌なので毎日変える。


今回も日本からテントなどはスーツケース1つ分持ってきていたので、現地で買ったほうが安いものは現地で仕入れようということになりました。

1510042717598
宿にじっとしていてもしょうがないので、そのままどこかを観光しようということになり、ナカマちゃんがトリップアドバイザーで調べたマウントエヴァンスというところにドライブに行きます。

577A6736
そこは、富士山8合目くらいと同じ標高のところまで車で登れるという、国立公園なんですが、空気がどんどん薄くなって、軽く高山病みたいになったので、長居せずに引き返しました。

577A6746
なかまちゃんはカメラが下手なので、ぶれます。

577A6775
ロッキー山脈に抱かれたコロラド州は、この時期紅葉で綺麗でした。

577A6762
スケッチに勤しむ夫婦

577A6767
日本のやつとは違うトラクター

577A6770
ナカマちゃんも「運転したい。」と言ったので任せました。前回私は単独ドライブでしたので、助手席でのんびり写真をとったり、寝たりできることは贅沢の極みでした。ナカマちゃんは最初の方こそ、逆走したり、ウインカーの代わりにワイパーを出したりしていましたが、みるみる適応していました。

朝早く出発したので、マウントエヴァンスを見終わってもまだ昼くらいだったので、次にどこに行こうか考えます。自分が行きたいところだけ行ってもしょうがないので、ナカマちゃんの意見を尊重して、彼の大好きなU2がライブをしたレッドロックスというコンサート会場を目指します。

1510043548592
デンバーの中心地からも高速で30分ほどの場所にあるところで、知る人ぞ知る、ロックの聖地らしいです。
IMG_8919
ナカマちゃんが撮った写真だから水平じゃない。


577A6822
レッドロックスには、タダで入れました。

577A6828
会場からデンバーが見れます。

577A6835
周囲を岩に囲まれた場所にある、ライブ会場。日比谷野音とは大違いです。まさにロックです。

577A6831
付属のギャラリーに模型がありました。すごいところに作りましたね。


さて、この会場で今夜、なんでもレッドツェッペリンのコピーバンドがライブするということで、ナカマちゃんはそれが見たいと言い出しました。チケットをどうやるか調べていたんですが、意外と高く、私は躊躇していたんですが、ナカマちゃんの、「せっかくやけん・・・」という言葉に、渋々うなずきました。この「せっかくやけん・・」はこの旅で頻出することになります。

チケットは会場から下ったところの売店で買えました。といってもライブまでまだ5時間くらい時間があったので、時間を潰す必要がでてきました。そういうときは・・

IMG_8943
映画館ですね。

IMG_6026
日本では見たことのない規格のスクリーンで
IMG_6029
当然昼は誰もいないので、貸し切り。



stephen-king-it-trailer

最初キングスマンの新作を見ようか。と言っていたのですが、よく見たらITのリメイク版やっているので、私はそこは、我を通してITを見ようと言いました。ナカマちゃんはホラーは苦手だったのですが、内容が80年代青春物風のホラーだったので、結果彼は面白かった。と言っていました。ワタシ的にもこれは、ホラーの金字塔に輝く名作だと思いました。死霊のはらわた2を映画館で見た時以来のカタルシスを得ました。後に東京でも見るんですが、東京での扱いはアメリカほどではないので、がっかりました。小さなスクリーンでしかやってないんですよ。アメリカではIMAXですよ!?日本人はもはやホラーを楽しむという余裕がないのでしょうか。バカな民族です。

ところで私とナカマちゃんは昔大分(おおいた)の映画館でアルバイトをしていました。そして我々は無類のアメリカ映画好きです。なのでこの旅も、我々の脳内のアメリカを補完するための旅といっても過言ではありません。

私はカナダに2年半留学経験があり、ナカマちゃんもカリフォルニアに数ヶ月留学していました。ナカマちゃんは、大学を出てから、さらに無理言って留学費用を親に出してもらったので、親が泣いたと言っていました。

577A6848
さて、映画をみてもまだ2時間ほど余裕があったので、近くの公園に行きました。早起きしすぎたのでちょっと昼寝が必要だということで

577A6847
ナカマちゃんは熟睡していますね。私は寝れませんでした。

IMG_6036
時間になったので会場に向かいます。レッドザゲットアウトというバンドです。正直期待していませんでした。コピーバンドでしょ??って感じです。
IMG_6038
私は運転しないので、ビールを飲みました。こういうところで飲むビールは最高にうまいです。


IMG_6037
人がちらほらやってきます。我々は遠慮して後ろのほうです。席は自由です。



で、ライブなんですが、正直ナーメーテーター(宇多丸風)でした。なんというか、まず私が知っているレッド・ツェッペリンっていうのは、CDやレコードでしか聞いてなかったんですが、かなり魅力が端折られてる感じで、今回見たゲットザレッドアウトってバンドが表現するツェッペリンってのは、もう完全にライブじゃないとわからない!って感じで1曲が長いんですよ。曲がかなりジャム・セッションみたいな感じに展開していきます。しかもそれが、かなりトリッピー。しかし私が知っている、他のトリッピーな音楽とも全く違います。たとえば、ジャムバンド、ジャズ、トランスとかの電子音楽とも全然違う。それはブルースロックの原型でした。なぜあれだけツェッペリンを崇拝する、後のバンドが出てきたか理解できました。あまりにも偉大なロックンロールに我々は衝撃を受けたのです。

そしてもうひとつ衝撃だったのは会場全体がマリファナを吸っていたことです。そこらじゅうから煙が立っていました。知っている人は知っていると思うんですが、コロラド州はアメリカでも早く、嗜好大麻が解禁された場所でして、州全体がマリファナに対して寛容なのです。ビールを一杯引っ掛けるという感じのようです。アメリカは器がデカイな。と思いました。

IMG_6047
コピーバンドというのに異様な熱気に包まれるレッドロックス。しかし私が間違って薄着で来てしまい、寒くなってこれ以上いると風邪をひくかもしれない。ということで、後ろ髪をひかれながら会場をあとにしました。


この日は、宿に戻り明日から長旅がはじまるということで、すぐに寝ました。今日1日でものすごい情報量を得ました。ITといい、ゲットザレッドアウトといい、アメリカ旅行2日目にして、お腹いっぱいです。

つづく