IMG_6274

前回の学びにより、今回は沢山チキンラーメンとレトルトカレーを持って行ったので、割と何度もチキンラーメンは食べた。

IMG_6272
もちろんサラダも欠かさない。これを食べないと、長い旅は無理だろう。

二泊したレイクパウエルを後にして、我々はモニュメントバレーを目指した。そう。ここからは完全にグランドサークルをめぐる旅になったのだ。これこそ前回の旅で私が最もやりのこしたことだった。グランドサークル。西部のロマンである。

577A9652
ところで、前回と違って今回の旅は、緊迫感に欠けますね。というコメントをいただいた。その通りだ。前回は初めてのアメリカ横断で、うまくいくかどうかもわからない一人旅を旅の途中にひたすら記録したものだったから。今回は、友人とわいわいやりながら、楽しく回った旅。写真は沢山記録したが、日記はあまりつけていなかった。しかもそれをこうやってブログにしているのは、1年以上あとのことだ。なので、旅の記録を沢山リアルにつけたかったら、絶対に一人旅のほうがいい。


1544101444282
車で3時間である。3時間なんてすぐだ。

577A9663
モニュメントバレーに着いたら、とりあえずこういう岩山がたくさんあった。

577A9673
この旅、いや前回の旅を含め、初めて旅行案内所に行った。

577A9681
目当ては明日の早朝にある、モニュメントバレー撮影ツアーだ。俺はたぶん一人旅だったら、そういうツアーに行くことはない。ただ、ナカマちゃんは、そういうイベントごとにお金を払うタイプで、俺もそれに従った。たしか50ドルくらいのプランだった気がする。観光案内所に人は少なかった。
577A9682
ツアーはナバホ族の居留地なので、お金を払ってガイドを雇ってもらって行かないといけない。ルートによって料金が変わるが、俺たちは最も安いものにした。


そのあと、俺たちはその日の宿泊する場所に向かう。この辺は観光地なので、宿は一部屋2万とかが当たり前だったが、ナカマちゃんが見つけたのはairbnbのテント付きキャンプ場。1部屋1万以下だった気がする。

577A9692
結構豪華なテントだ。

577A9683

577A9684

577A9690



577A9715
577A9714

キャンプ場に犬がたくさんいて、犬スキな俺たちははしゃいでいた。犬も、こういう光だと本当にかっこよくとれる。

宿も確保したので、俺たちは近くの観光スポットに行ってみることに。

577A9723
メキシカンハットだったか。そんな名前のモニュメント。

577A9738
グースネック。ここはすごかった。

577A9737
ホースシューベント的な場所。ここは観光客も少なめで、のんびりできる。おすすめ。
577A9743
何度も言うが、写真は実際に見る物の10分の1の印象だ。実際は10倍すごい。




577A9774

577A9764
帰りのコンビニで俺の好きなスムースコートチワワを発見。

577A9767
飼い主に撮らせてくれ。といって近づいたら、ビビッて隠れてしまった。
577A9772
牛の餌かな?
577A9773
昔、カナダに留学したころによく食べてたセブンイレブンのホットドッグ。そんなにうまくなかった。
577A9784
犬はかわいい。

そして寝床に戻る途中に、俺たちは、きがついた。

577A9790
これってあれじゃね?フォレストガンプの・・。

forrest_7
こんなシーン覚えてない。っていうか映画の内容自体よく覚えてない。



577A9787
あーそうかも。

俺たちは映画好きだ。だがフォレストガンプは、ロクに見ていない。あんな映画、どうでもいいのだ。

577A9793
まぁでも一応撮っておこう。

そのあとこの辺で最も有名な景勝地。モニュメントバレーに行く。
577A9807

IMG_6275

何度も言うが写真と実物は違う。実際ここはすごい。

577A9817
また行きたいなーと思う。


577A9838
寝床に戻る。wifiパスを教えてもらっているナカマちゃん。

577A9883
フォトジェニックな猫

577A9867
犬にアタックされるナカマちゃん。

577A9881
こういう些細なことの方が、旅の思い出になる。
577A9885
テントの内部。ダブルだが、俺たちは一人はこのベッド。もう一人は俺がもってきたコットで寝た。


IMG_6280
俺たちは何が贅沢か知っている。なんでも整ったホテルではなく、大地と一体化したテントと、そこで寝れる若さだ。(おっさんだけど)

577A9889
IPAで乾杯

577A9895
こういう背景でビール飲めるところ、日本にある?ないでしょ。だから俺たちはわざわざ行ったんだよ。

577A9916
これに金払った。

577A9925
夜、テントで俺たちは今まで聞いたことがない音を聞いた。それは、車のエンジン&排気音が無音から、徐々に上がっていき、また減衰していく経過を。

キャンプ場の横はまっすぐな道だ。とんでもなく長い道だ。だから、エンジンの音は一定なのだ。それが遠くからやってきて、遠くにかき消えるまでが、たまに聞こえる。それだけで、俺たちは日本では味わえない体験をしたのだ。

これが贅沢なのだ。